ファイナンス、ファイナンス、ファイナンス

 

以前、CouseraでMachine Learning for FinanceというSpecializationを受講しているという話を書きましたが、プログラミング課題の自動採点機能に不具合があって、正しいものを書いてもエラーになるという問題が発生しています。これは解消したとのメールが来たものの、今度は課題の提出ボタンを押すとエラーになるという別の問題が。毎月受講料を払うという料金体系である以上、不具合解消待ちにお金を払い続けるのも違う気がして、サブスクリプションを一時的に解除しています。

 

コースの内容的には是非とも学んでおきたい内容なので、問題が解消したら復帰するつもりでいますが、復帰後にもう少し楽ができるように、もう少しファイナンスの知識をつけておきたいなと思うようになりました。というのも講義動画を見ていると、英語で小難しい数式が頻繁に出て来て、なんとか食らいつこうとするものの、時々意識が飛んでしまいます。機械学習などの多少見慣れた概念なり用語であれば英語でも何とかなりますが、ファイナンス英語で習った事がないので、自分の脳内辞書にはそのあたりのボキャブラリーがなく、やはり聞くだけでは苦しいですね。

 

機械学習 meets ファイナンスの瞬間

 

話はCourseraからの一時離脱をする直前に遡るのですが、自動採点機能のバグにぶち当たり、金払って苦行する意味があるのか、さっさと離脱した方がいいんじゃないかと自問自答しながら進めていた課題の中に、こんな課題がありました。S&P 500のインデックスと個別の株価が時系列で与えられていて、β(ベータ)を求めなさいと。もちろんβを求めるのがゴールではなく、計算の過程で算出して後続で使うのですが、このβという単語にピンと来たのです。

 

・・・これ、昔習ったな

 

今を遡る事16年前w。当時流行りだった社会人向けの会計大学院に通っていた自分は、「ファイナンス基礎I」という科目が必修科目であることを夏休み直前になって知り、慌てて1週間の夏期集中講座に申し込んだのでした。

 

当時はシステム屋で会計領域を担当していたこともあり、会計は学ばねばと思っていたものの、ファイナンス?なんだか数学が面倒臭そう。というイメージ先行で、見向きもしていなかったのです。とは言え、必修科目である以上、履修を避ける訳にはいきません。

 

しかし、実際に授業に出てみると、これが楽しい。今でも一線で活躍されている著名な先生による授業は分かりやすい。もちろん、丸一日の授業を1週間ぶっ続けで受ける体力的な厳しさはあったものの、なんか楽しい思い出が残っているのです。

 

あれ、結構覚えている

当時の教科書は、実家で眠っているはずですが、取りに戻る時間がなかったので、とりあえず書店で平積みになっているこの本を買ってきて読むことにしました。一気に読んでみると、あれも習ったな、これも習ったなみたいな感じで思い出していきます。

 

道具としてのファイナンス

道具としてのファイナンス

 

 

ファイナンスって、結構面白いじゃんという思いを新たにして、諸々の問題が解決したら、Courseraのコースに戻ろうというモチベーションが上がって来ました。

 

 

これを買ったのはやりすぎだったかもw

 

ちなみに

大学院生の頃のファイナンス楽しい!には後日談があります。持ち込み可の試験で比類なき強さを示す自分は、試験で結構な高得点を叩き出し、俺はファイナンスに向いているんだと勘違いして、夏休み明けに任意受講科目のファイナンスIIという科目のガイダンスを聞きに行きました。しかし、出てくる数学が高度過ぎたのとテキストが英語だったので尻込みして、ファイナンス熱は一気に下がったのでした。この時頑張っていたら、今頃違うキャリアを歩んでいたかもしれないですね。

 

とは言え、今勉強している機械学習というコンテンツと昔習ったファイナンスがポンと出会うのもなんかの縁だなと思って、冒頭のツイートに繋がったわけです。

 

企業価値評価もやったな…成績はイマイチだったけど。

企業価値評価 第6版[上]―――バリュエーションの理論と実践

企業価値評価 第6版[上]―――バリュエーションの理論と実践

 
企業価値評価 第6版[下]―――バリュエーションの理論と実践

企業価値評価 第6版[下]―――バリュエーションの理論と実践

 

 

企業価値評価 【実践編】

企業価値評価 【実践編】